top of page
  • info627443

手すり




棚の柱に手すりを設置して、高齢者の方が歩く時のガイドになるように配慮しました。一方で、この手すりが棚の柱同士をつないで棚の強度を作り出しています。手すりのような金物工事は製作物だと比較的高価な部品になります。ここでは、ホームセンターでも購入できる鋼製電線管を使いましたので、非常に安価でかつ頑丈な手すりとなりました。狭い現場では長い手すりを扱うのは大変なので、短い鋼製電線管をつないでいきます。ジョイント金物も鋼製電線管の部品を使用しました、誤差を吸収してネジで調整します。こんな複雑な金物を金物工事として製作すると幾ら掛かるかわかりませんが、これは既製品なので1個80円位で済みました。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page