top of page
  • info627443

レースウェイ


今回の設計では、床下に隠蔽する配線は一切行わないことにしました。電気配線を床下に隠してしまうと、どこに配線が通っているのかが分からなくなってしまい、将来メンテナンスを行うときに不便が生じますし、また将来配線を追加する際には追加する配線だけが不本意に露出配線になったりします。それを防ぐために、今回の設計ではレースウェイという配線ダクト部材を天井から吊って、そこに全ての配線を入れて、将来に対応しやすいように考えました。大きな商業施設や工場などではよく見る配線方法ですが、それを住宅に応用しました。ただ、狭い空間での施工は結構大変です。まずは床で組んでみました。

レースウェイは配線部材としてだけではなく、格子状に組み鴨居としても機能し、部屋を仕切るガイドのようにする予定です。





閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page